果樹園ノート

病気から木を守るために

2021/04/21

 

木を剪定した後は、切り口から細菌が入って腐乱病にならないよう薬品を塗布する作業を行います。

 

切り口

塗布

塗布後

 

この作業と並行して、既に病気になってしまった箇所がないか見回りも行い、処置をしていきます。

枝が病気になった場合は切り落とし、幹の場合は削り落としてそれぞれ処置した箇所に薬品を塗り、病気の拡がりを防ぎます。

 

 

 

 

果樹園ノート一覧へ